乾きがおさまらないのでディフェンセラに変えた

乾きがおさまらないのでディフェンセラに変えた





ディフェンセラはここをタップ

私の場合保湿成分のある美容液を使いましたが、お肌の乾きが気になっていました。

美容液をセラミド配合のタイプに変えてみようかと思っていました。

セラミドはオルビスディフェンセラに含まれています。

セラミドは角質細胞間脂質の一種です。

セラミドを奪うとお肌の水分量は80%も低下します。

お肌の水分を維持するためにもっとも貢献してるのがオルビスディフェンセラです。

お肌の中にセラミドが充分にあれば真冬でもお肌は乾燥しないのです。

セラミドがたっぷりあるお肌は乾きません!

オルビスディフェンセラはセラミドを補給できる美容液です

セラミドはターンオーバーと共につくられます。

ターンオーバーの低下に伴ってセラミドも減ります。

寝不足なんかでもセラミドは減ります。

年齢を重ねてお肌の代謝が衰えるとセラミドは減ります。

セラミドはコレステロールからつくられます。

しかし、コレステロールは食事からとってもセラミドになりません。

また、セラミドを飲んでもセラミドは増えません。

ターンオーバーを高めないとセラミドはつくられません。

しかし、ディフェンセラでは簡単にセラミドを補うことができる錠剤です。

これを使えばお肌の水分を逃がしにくくすることができます。

お肌の水分が逃げにくくなるので、お肌の水分を増やすことができます。

あなたはセラミドを配合した美容液を使っているけれども、乾燥してしまうということはありませんか?

ひょっとしたらその美容液はセラミド含有量が少ないか、油分が不足してるのかもしれません。

とくに40代からは水分だけでなく、油分も低下します。

セラミド配合の美容液やホホバオイルの上からクリームなどを重ねることも必要でしょう。

オルビスディフェンセラに加えて、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液を使い。

ビーリングや酵素洗顔のような角質ケアを行っていけば。

少しづつセラミドは増えていくでしょう。





ディフェンセラはここをタップ

追記

カサカサとしたお肌がかゆみを伴う場合は、単なる乾燥ではなく、アトピー性皮膚炎である可能性もあります。その場合は専門医に相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする